大切な人との 人間関係に限ってなんだか上手くいかないなあ、と思っている人に読んでほしい話

こんにちは。
FP女子のよくばり会議、編集長の寺田です。

今日も読んでくださってありがとうございます。
初めましての方もご訪問ありがとうございます。

当WEBサイトは楽しく欲張りに活躍するファイナンシャルプランナーとして活躍する女性=FP女子の情報収集の場です。どうぞ、肩ひじ張らずにのんびりと楽しんでいってください。

さて、今日のコラムで解決することは、人間関係。
それも、あなたにとって身近でとても大切な人との人間関係がぐっと取り扱いやすくなる、という内容になっています。

身近な人...。
家族、親友、パートナー、上司、大切な人ほどなぜか人間関係が上手くいかない!と思ったことはありますか?

私はあります!!ありすぎました。
実際に様々な研修、自己啓発、スピリチュアル、等々を駆使してもっと人間関係を良くしたい、と思っていましたし、時間もお金も投じてきました。
きっかけはこの世界に入ることになった大きなきっかけにもなった、私を採用してくれたマネージャーとの関係でした。
心配やとにかく成功して欲しいという気持ちの表れもあったと思いますし、採用上、長女の私にとにかく厳しくて、だんだん顔を合わせるのもつらい、みたいな時期がありました。
今となってはそんなことも笑い話で、会社を離れた今も定期的に情報交換をする間柄です。

混雑する中央特快(JR中央線の特区快速)の中で今週の数字について大げんかになったことも今となっては良き思い出です。

結論その1
【過去と他人は変えられない自分と未来は変えられる】

時間


はい、いきなり斧で切り付けられた気分になりましたね。
大丈夫。全員そうです。

なんでこんなに考えているのにわかってくれないんだろう、とか、なんでこんなに私ばかり一生懸命にやってるんだろう、とか考えていました。
なぜか、身近な人とうまくコミュニケーションが取れないときに私たちは、自分がどう思って自分が何をしているかに急激にフォーカスします。
それはもう、間違いなく自分が悲劇のヒロインです。

それが悪いって話じゃないので、もう少し読み進めてください。

それだけ、相手の人生や自分との関係にコミットメントがあるからということですね。
こうあって欲しい、こうでありたい、という期待が間違った方向にいくと自分だけが何か頑張っているという錯覚に陥ります。

そして、その証拠集めをすることに人は長けています。それをやっているうちは相手との人間関係は改善されません。

仕事でいうと、上司やお客様に対してこのモードが発動するともう大変。
女性は想像力豊か、共感力が強い。その良いところがたちまち大暴走して、被害者っぽくなっていきます。
でも、相手の物言いや相手のやり方を変えることはできません。
できることは自分自身の話し方、やり方、受け取り方を変えること。言われたことやされたことにネガティブに受け止めてる自分を発見したら、一歩頑張りましょう。
「今の話は私には○○という風に受け取ったのですが、私の受け取り方で合ってますか?」
これは本当に優れた練習です。誰も傷つけず、自分の受け取り方と相手の伝えたいことが合っているか確認できます。
ぜひ、やってみてください。

結論その2
【人はそんなに暇じゃない】


とは言っても、「本当に悪意に満ちた、悪の権化みたいな人がいるんですよ!この前もああでこうでうんたらかんたら...。」
はい、それもわかります。そのことが合ってるか合っていないかの論争はここではやめましょう。
ただ、人は自分と同じぐらい様々な事を抱えて取り扱っています。
物事は一方の方から光を当てると反対側は闇になります。それは、人間関係に於いてとてつもなく大きな影響があります。

でも、人間そんなに暇じゃないんですよ。本当に。
だから、本当に悪意たっぷりで人をいたぶるためだけに生きてる人なんていないんですよ。ほぼ。
言い方ややり方はさておき、自分に何かを伝えてくる人は、自分のために時間を使って何事かを伝えようとしてくれている人なんですよね。

だから、意地悪で悪意のかたまりの様な目の前の人をそういう風に扱うこともできるし、何かを伝えようと考えてくれている人、という風に扱うこともできます。

何が言いたいか言うと、どんな風な人か、決めるのはあなたです。選べます。
悪意の人か善意の人か、あなた自身が選択できるのです。
これは、本当にすごいことです。試しに本当に試しにで構いませんから、この人は間違いなく善意の人だ、と思ってから挨拶したり話したりしてみてください。
いつもと話の聞こえ方や自分の反応が変わってきます。

試しにやっていることで、もし人生が劇的に楽しくなるとしたら、やってみることに何も躊躇はないはずです。

やってみた感想ももし良かったら教えてください。
お読み下さりありがとうございました。

【最後に】


FP女子のよくばり会議では、会議内容を募集しています。
こんな人の話を聞きたい、実際に会ってランチや勉強会をしてみたい、など要望があればお問い合わせのページからご連絡ください。
みんなで作るよくばり会議をよろしくお願い致します。