『自分らしく楽しんでいるFPに会いに行く』Vol.1 / GiftYourLife株式会社 石橋真由美さん ~ 後編 ~

こんにちは。
FP女子のよくばり会議、編集長の寺田です。
今日も読んでくださってありがとうございます。
初めましての方もご訪問ありがとうございます。
当WEBサイトは楽しく欲張りに活躍するファイナンシャルプランナーとして活躍する女性=FP女子の情報収集の場です。どうぞ、肩ひじ張らずにのんびりと楽しんでいってください。

そんな『FP女子のよくばり作戦会議』で始まった新コーナー、『自分らしく楽しんでいるFPに会いに行く』!!
記念すべき第一回のFPさん、GiftYourLife株式会社の石橋真由美さんにお話を聞いています。

前編では、石橋さんの生い立ちや二度にわたる結婚生活についてお話を聞きました!
>> 気になる前編はコチラ <<

前回の中編では、保険業界への転身、そしてGiftYourLife社との出会いについて教えていただきました。
>> 気になる中編はコチラ <<

今回の後編が、石橋さんへのインタビューの完結編となります。
固定給からフルコミッションへ移った石橋さんがどのようにお客様を獲得していったのか、そして気になるお給料のお話にまで切り込みます!

ギフトユアライフという環境

寺田:それでは、社内から見てギフトユアライフの魅力、今の環境の魅力について教えてください。

GYL石橋さん:私がいる東京中央支社は、チームで頑張るんですよね。
独りで頑張るスタンドプレイも素敵だと思うんですが、誰かが弱っているよっていう所にみんなで手を差し伸べてみんなで頑張ろう、と。
でもそれだとただの仲良しクラブになってしまう。
そうではなくて、私たちは営業職なので、数字を出す時はきっちり出す。助けるときは助ける。助けることによって、自分にとってプラスになって跳ね返ってくるんですね。
それは、支社長の森本さん、彼女がそういうタイプなので、それはすごく教えてもらってるなあと感じます。
1人で悩むよりも一緒にで悩んだほうが良いし、数字上げるのもみんなで上げた方が良いな、と思いますし、みんなで高見を目指した方が良いな、と今は思っています。

寺田:色々な環境がありますよね。ライバル、我関せず。
私から見るとギフトユアライフは、保険を売るのが好きな社会人サークルという風に見ています。

GYL石橋さん:そうかもしれません。
楽しいですね、働いていて。

寺田:ご自身が選んでるという感覚はあまりないのかもしれないのですが、やはり選んでいると思うんですね。
引きが強いというか、運が強いというか。ご自身の引きの強さというのは、どのようなところからきていると思いますか?

GYL石橋さん:引きが強い。選んでる。。。。
そうですねえ、私はたぶん、平凡な人生よりも波乱万丈が好きなんですよ。
平坦な道とアップダウンがある道ならば、アップダウンのある道を選ぶと思うんですよ。
なので、たぶんそこだと思います。
あとは、人見知りしないんですね。人見知りという言葉の意味がわからないぐらい(笑)。
人が好きなんですよ。新しい職場に言ったら、また新しい人に出会えるので、それがまた楽しいんですよ。
別に転職することがマイナスだとも思いませんし、出会った人とどう関わるか、それだけなんですよね。言葉を選ばずに言うと、物怖じしないというか。怖いもの知らずなんだと思います。

”人たらし” × フルコミッション = 

寺田:話だけを聞いていると、チャレンジ精神に満ち溢れていて、高みを目指すという風にも聞こえるんですけど、すごくナチュラルですよね。楽しい方、ワクワクする方、怖いけどワクワクする方を選んでいるように聞こえてきます。

GYL石橋さん:特にフルコミの世界ってそうだと思います。
先ほどもおっしゃられていましたけど、変わった人が多いですよね。珍獣、猛獣だらけだと思うんですけど。
その楽しみをわかってしまうと抜け出せないですよね。フルコミッションの”稼げる”ということと、ある程度の自分の時間を作っていけるというところ。
もう戻れません。会社員にも、OLにも。

寺田:次に、実際の仕事のやり方について教えてください。
前職では、訪問からがお仕事だったかと思うのですが、今はアポを取るところから始まっていると思います。
ギフトユアライフに転職した当時は、ご自身のマーケットもされていたと思うのですが、そこからどのように仕事をしていって、今はどんな風に過ごされているのか教えていただけますでしょうか。

GYL石橋さん:まずは、セミナーを高島屋でやっていたんですが、当時のお客様を連れて来てはいけないという決まりがありました。
ただ、辞める前にご挨拶に行ったんですね。ある法人、病院だったのですが、そこのドクターと看護師さんが応援してくださったんですよ。
「大丈夫だよ、僕たちはあなたが好きで入ってるんだから」と言ってくださって、ギフトユアライフに入社した当時には、お客様をご紹介して下さったんです。
だから正直言って、自分から飛び込みしたりとかはしていないんですよ。
「あなた大変だから」とお客様の方から紹介をしてくださって。
たまたま職業がきちんとしている方達だったり、富裕層の方が多かったんですよね。
それはやはり、高島屋のお客様だったからということがありました。
高島屋保険でもセミナー講師をやっていたので、ギフトユアライフでもやりたくて、セミナー事業にもジョインさせてもらっています。
今はそのセミナー事業のお客様のコンサルをさせて頂いているので、お陰様で、自分で「紹介して」とか探しに行くということをしたことがないんです。
マーケットを頂けるということも、ギフトユアライフの強みなんだと思います。

寺田:石橋さんが天才だなと思いました(笑)。
紹介って、何かを提供していないと出ないと思うんですが、お客様が石橋さんのことを好きで、石橋さんだから応援したい、だから何も言わなくても紹介は出ているんだと思いました。
普段の商談や保全から、お仕事をきちんとされていたからこそだと思うので、本当に天性の人たらしですね。

GYL石橋さん:はい、天性の人たらしです。人が大好きです(笑)。

50,000円持って吉野家に行ったっていい

寺田:では、今は個人のマーケットは前職からの応援して下さる方がいて、専門用語で言うと顧客のキーマン化ができているということと、セミナー起商の個人コンサルとの二本柱ということですね。
ご自身のベースである青森県とか、地方に行かれることもありますか?

GYL石橋さん:めったに行かないですね。
まだまだ青森は閉鎖的なんですよ。
まだない保険会社もたくさんありますし、いわゆる日本生命、第一生命のところが根強いんですよ。
最終的にはそこも行きたいな、とかお守りしたいな、とは思うんですが。。。
まだまだやりたいことが東京でたくさんあるのと、自分の中でマーケット作りは、自分の住みたいエリア、住んでいるエリアのお客さを守ってくという、その目的があるので、それがまだ青森まで到達していないんですね。
まだドミノが青森まで到達していないんです。

寺田:自分の身の回りで手一杯ということですね。忙しいですね。
本当にすごいです。
それでは、転職のそもそもの動機にもなったところだと思いますが、ずばり聞きます。
年収、当時から何倍になっていますか?

GYL石橋さん:金額で言った方が早くないですか?
高島屋保険にいた時は、400万いかないぐらいです。
今は3,000万ですね。

寺田:!!!!!
十倍近く稼いでみて、変わったことってありますか?

GYL石橋さん:全然変わりました。心のゆとりが。
全然違います。
お金で人生は変わりませんけど、選択肢が変わります。
例えば、500円持ってご飯を食べに行く場合と、50,000円持って食べに行く場合を考えてみて下さい。
50,000円あったら吉野家も食べられるし、フレンチも食べられるますよね。
でも500円だったら行けるところが決まっちゃうんですよ。
お金があるから幸せということではなくて、お金があると選択肢の幅が広がってくるなって思いました。
ですから、これを私は出会ったお客様に伝えていきたいと思っています。
お金があるから良い悪いではなくて、自由とかの豊かさ、”心”ですね。そことお金って、結構結びついてるところあるよということを伝えていきたいです。

パズル × 笑顔 = やりがい

寺田:見える世界も、行けるところも、できることも変わるし、幅が出るってことですね。
ご自身の年収の中で、決まった使い方をしている部分ってありますか。

GYL石橋さん:貯金しています。
65歳までに億単位の現金は持っていたいので、そのために運用して増やしています。
あとは自分のご褒美もしていますし、仲間や友人に、還元と言うとおこがましいですけど、していこうというのは思っています。

寺田:収入が転職の目的だとおっしゃっていましたけど、やってあげたい人じゃないですか。与えるためというか、GIVEしてあげたいというか。
手取り19万だとやって差し上げられることが限られてしまいますよね。いろいろな人に貢献できるということは、石橋さんの人生を生き生きとさせているのではないでしょうか。

GYL石橋さん:本当にそうです。1か月19万と190万では、やることが違いますからね。

寺田:それでは、逆にお金という現実面ではなく、感情面の喜びややりがいなどをどのような時に感じますか?
女性は特にその部分も大切だと思うのですが。

GYL石橋さん:仕事が趣味特技なので、毎日がやりがいですね(笑)。
今日も9時からZoomで打ち合わせしていたんですが、やはり初めてのお客様とお話しするのが楽しいですね。
一時間だけだったんですけど、いろいろなお話ができるだけでワクワクしますね。
趣味特技が仕事なので、毎日が楽しすぎて、寝るのを忘れちゃうんです(笑)。
仕事が終わったら、遊びたいし、日本酒飲みたいし、シャンパン飲みたいし。
時間が限られてるので、気づいたら倒れるように寝ている時があります。体に悪いんじゃないかと思うことがたまにあります。

寺田:人に会って、お話を聞く、ということが本当に一番のやりがいなんですね。

GYL石橋さん:はい、そしてその方の足りない部分をみつけて、パズルを組み立てていく。ピースを揃えていく。
そして、出来上がったものをお客様に見て頂いて喜んで頂く。
それが本当にやりがいですね。

寺田:営業というと、売る、とか、押す、というイメージがありますが、お客様としてもそれがあったらいいな、ということを提案するのが本当の営業というか、コンサルティングだと思うので、本当に石橋さんは楽しそうですね。

GYL石橋さん:はい、楽しいですよ。
それしか出てこないけど、1日28時間ぐらい欲しいですね。
そしたら寝る時間がもう少し取れるかなあ。お肌にも良くないですしね(笑)。

寺田:ちょうど時間の話が出ましたけど、1週間どのようなスケジュールで動いていますか?

GYL石橋さん:手帳を見ると、ほとんどアポイントがずーっと入っていて、休みっていうのが無いですね。
正直楽しいので休まなくても良いんですけど、ゴルフの練習やメンテナンスにも行きたいので、1週間に1回は休むようにしています。
今は自分の中でスケジュールを立てて、この月は忙しいので3週間休み無し。その代わり1週間ゆっくり休んで、ゴルフに行ったり、というような形にも出来てきています。

寺田:だいたい、朝は何時から夜何時まで商談していますか?

GYL石橋さん:早いときは朝9時から、遅いときは22時頃までですね。
ただ、今はリモートなので、移動時間がなくなって、その時間も商談に充てられる様になったので、5分後には違うお客様に会える様になって、より時間が有効的に使える様になっています。
オンラインの力はすごいと思いますよ。

寺田:オンラインの力もすごいですけど、石橋さんのすべてをポジティブに捉えられる、捉える力がすごいと思います。そこに止められている人がほとんどだと思うんですよね。

GYL石橋さん:もったいないですね。

強みと弱み

寺田:石橋さんから見てご自身の強み弱みはどんなところですか?

GYL石橋さん:人が好き、物怖じしない、年が上でも役職が上でもフレンドリーにできるのが、良くも悪くも強みですかね。
年齢的なものもあると思うんですね。これが20代30代の方であれば、生意気に見えたり、だらしなく見えるかもしれないですけど、年の功というか、50歳過ぎてますので、その辺は相手の方もわきまえている方が多くて、ご理解下さる方がほとんどですね。
逆に弱みというと、お客様一人一人に本気になりすぎて感情移入しすぎてしまう。
時間や自分の事を忘れてしまうところがあるので、そこは気を付けないといけないところですね。
割り切らないといけない部分があると思うんですが、それができない性格なんです。
だから、寝落ちしちゃう(笑)。気づいたらスマホを持って寝ているという。

寺田:良いところなんですけど、ご自身にブレーキかけるのが苦手なのかもしれませんね。
共感力があるからこそ、お客様に支持されているところもあると思うので、弱みとは違うかもしれませんが、バランスを崩してしまう所かもしれませんね。

GYL石橋さん:そうですね。平均寿命まで生きたいので。

寺田:いや、間違いなく生きると思いますよ。(笑)

GYL石橋さん:はい、105歳まで生きたいので。

寺田:平均年齢超えてるじゃないですか!!(笑)
よくばりで良いですね。
私から見た石橋さんの魅力って天真爛漫さ、だと思います。本当にかわいいですよね!

女の子は可愛いらしい方が得!

GYL石橋さん:人材会社の上司に、人に紹介される時に「この子は明るいバカだから」と言われていたんですよ。
飲みの席に隣に連れていかれる様な20代30代でした。
だから本当に天真爛漫なんだと思います(笑)。得をしてたと思います。
女の子は可愛い方が絶対得だ、と思っていたんですね。人に助けられていると思います。

寺田:私はいつも、「顔は変えられないけど、かわいくすることはいくらでもできる」とか、「本当にブスは損するから、ブスって言われない様にしろ」って言うんですね。顔の作りのことじゃなくて、かわいくしておく、笑顔でいることですね。

GYL石橋さん:そうですよ!
笑顔でいれば福が来ますから!笑っておけば良いんですよ(笑)。

一生現役!還暦は赤いジュリ扇で!

寺田:まさに私が普段からこういう人がかわいがられて、人から支持されて、踊るように、歌うように、楽しく仕事ができる人だよ、ということを石橋さんが体現されています!
では、今年55歳になる石橋さんですが、これから何歳ぐらいまでお仕事されると考えていますか?

GYL石橋さん:死ぬまででしょ(笑)。
お客様がいらっしゃるから。でも、このような形ではなくて、ゆとりあるコンサルの形にはなるかもしれませんけど。
会社からもう来ないでって言われたら、キャスター押して帰りますけど(笑)。

寺田:5年後、10年後のビジョン、やりたいことって何かありますか?

GYL石橋さん:5年後は還暦なので、真っ赤なドレスを着て何かしたいなって思っています。ジュリ扇を持って(笑)。

寺田:お客様感謝祭でドレスコードは赤ですね。(笑)

GYL石橋さん:そういう楽しいことをやりたいなって思っています。
あと、家を持っていないので、家が欲しいなって思っています。
将来は古民家カフェをやりたいというのが夢ですね。
それが出来上がっているか、まだこれからなのかな、というのが60歳かなと思っています。

寺田:訪問型よりも来店型古民家保険ショップを一人でおやりになるみたいな。(笑)

GYL石橋さん:そうです。
できればみなさん来てください、みたいな。
古民家居酒屋かな!?

寺田:ちょっと待ってください、でも出てくるのはシャンパンなんですよね?

GYL石橋さん:そうですよ。
みんなにぼったくりバーじゃない?って言われるんですけど、ぼったくっても良いかなって思っていまして(笑)。

寺田:良いんじゃないですか?
石橋さんに会える訳ですからね。シャンパン一杯2,000円~3,000円ぐらいは?

GYL石橋さん:5,000円ぐらい取ろうかな?(笑)

寺田:高い!!!銀座価格ですね。

知識と愛があれば

GYL石橋さん:そういう楽しい夢を友達と話しながら、それは実現していこうと思うんですよね。
FPの仕事は、いつでもどこでもできると思うんですよね。
場所も年齢も関係ないので、知識と愛があれば。

寺田:今日の格言『FPの仕事は知識と愛があればいつでもどこでもできる』
石橋さんも女性、私も女性なんですが、いわゆる国内四大生保さんは女性が多いですし、外資は男性が多いですし、でも男女問わずできる仕事だと思うんですよね。
いろいろな女性がいると思うんです。固定給が良い、本当はやりたくないけど子の仕事しかできないからやってる、逆にバリバリと1億稼いで楽しくやっている、本当に様々な人がいると思うのですが、最後に石橋さんから、同じ業界で働く女性に対してメッセージがあればお願いします。

GYL石橋さん:ありがとうございます。
今、寺田さんがおっしゃったように働き方は個々で自由で良いと思うんですよ。
でもどうしようかな、と悩んでいる人、例えば前職の時の私の様な「どうしてこれしかお給料ないんだろう」「でも仕事はもっと頑張りたい」と言う人は、フルコミッションに飛び込んだら良いと思います。
私は、この仕事って最高だと思うんですよ。貢献ですよね。貢献することによって、自分に報酬がついてくる。
こんな楽しいことないと思うんですよね。
だから、悩むぐらいだったら、ぜひギフトユアライフに!と、私はいつも思っています。

固定給の保険営業から、フルコミッションのファイナンシャルプランナーに転身した石橋さん。
それによって手にした収入は10倍以上!
なんとも夢のあるお話ですよね。
もちろん、色々な苦労や努力もおありだと思います。
ですが、何よりも、それらも含めて様々な事を楽しむ天真爛漫さ、人との出会い、つながりを心から楽しみ、喜ぶ、前向きで明るい人柄こそが石橋さんの魅力であり、その石橋さんが愛するFPという仕事の魅力が再認識できたインタビューでした。

人たらしであれ。
知識と愛があれば、場所も年齢も関係なし。
生涯現役。
泡とジュリ扇!

現状を打破したい! もっと頑張りたい!
今回のお話がそんな、よくばり女子の一助になれば幸いです!

新コーナー『自分らしく楽しんでいるFPに会いに行く』では、これからも ”自分らしく楽しんでいるFP” に会いに行きます!
次回もお楽しみ!!

石橋真由美
GiftYourLife株式会社
https://gyl.jp/seminar_teacher/ishibashi-mayumi/
広告代理店、人材派遣会社、高島屋百貨店グループ会社を経て、2016年より独立系FP会社であるGift Your Lifeに勤務。マネーセミナー講師として企業の従業員向けや女性向けセミナーを数多く行い、丁寧で明るい語り口と内容の分かり易さから定評を得ている。